閉じる 閉じる
現在の総物件数
物件数1333
お気に入りに追加しました

古地図で振り返る横浜市中区の歩み

横浜市中区誕生まで

開港期から大正まで

中区は、昭和2年10月1日に区制を施行しました。区名は、行政的にも横浜の中央であることから名付られています。
区域は丘陵地と海岸線によって囲まれた沖積層低地や埋立地から形成され、港湾施設や公園・道路の公共用地が多く、農地や山林はほとんどありません。
元々は半農半漁の地でしたが、江戸時代に新田開発が行われ、1859年(安政6年)の横浜開港後、日本人の商店や外国の商館が建設されました。
神奈川県、横浜市の行政・経済の中心として発展を続けるなか、関東大震災や横浜大空襲の被害を受けました。さらに戦後長期にわたる連合軍の接収が行われましたが、その後目覚しい発展を遂げています。

明治大正

明治大正

明治初期

明治初期

1854年(嘉永7年)3月 日米和親条約締結
1858年(安政5年)6月 日米修好通商条約締結
1859年(安政6年)6月 神奈川(横浜)が長崎、兵庫、新潟、函館とともに開港
1869年(明治2年)12月 吉田橋が鉄橋になる(鉄橋のはじめ)
1870年(明治3年)5月 日本最初の洋式公園である山手公園が開園
1870年(明治3年)12月 横浜毎日新聞が創刊
1872年(明治5年)10月 新橋-横浜間鉄道開業
1876年(明治9年)5月 横浜公園(当時:彼我公園)が開園
1889年(明治22年)4月 横浜市制施行
1894年(明治27年)2月 横浜港鉄さん橋(現在の大さん橋)が完成
1917年(大正6年)7月 開港50周年記念事業として開港記念横浜会館(現:開港記念会館)が開館
1923年(大正12年)9月 関東大震災

昭和元年から昭和39年まで

昭和前期

昭和前期

1947年頃

1947年頃

1927年(昭和2年)10月 区制施行(鶴見、神奈川、中、保土ケ谷、磯子の5区誕生)。中区役所は港町の市庁舎に設置。128町
1927年(昭和2年)12月 ホテルニューグランドが開業
1928年(昭和3年)11月 神奈川県庁落成
1929年(昭和4年)9月 氷川丸が横浜ドックで進水
1930年(昭和5年)3月 山下公園が開園
1932年(昭和7年)3月 東京横浜電鉄、高島町~桜木町間が開通
1934年(昭和9年)4月 横浜税関新庁舎竣工
1934年(昭和9年)5月 警友病院竣工(山下町)
1935年(昭和10年)3月 復興記念横浜大博覧会、山下公園で開催
1936年(昭和11年)5月 横浜港大さん橋の増築工事竣工
1937年(昭和12年)9月 新山下町貯木場地先海面にヨットハーバーが完成
1942年(昭和17年)3月 中区役所を桜木町(興産館)へ移転
1943年(昭和18年)6月 根岸競馬場が閉場
1943年(昭和18年)12月 南区を分区
1944年(昭和19年)4月 西区を分区
1945年(昭和20年)5月 B29、500機による横浜大空襲
1945年(昭和20年)8月 終戦、マッカーサー元帥がホテルニューグランドに到着
1947年(昭和22年)5月 新憲法施行記念式典を国際劇場(野毛町)で開催
1948年(昭和23年)5月 美空ひばりが国際劇場に出演
1951年(昭和26年)4月 桜木町で国電火災、死者106人(桜木町事件)
1954年(昭和29年)3月 三溪園が新装開園
1956年(昭和31年)12月 市の新庁舎(現在の庁舎)起工式
1958年(昭和33年)5月 開港100年祭開幕
1959年(昭和34年)6月 山下公園全面接収解除
1959年(昭和34年)9月 市庁舎落成式
1961年(昭和36年)1月 マリンタワー完工式(高さ106m)
1961年(昭和36年)5月 氷川丸が山下公園に係留
1961年(昭和36年)10月 中区役所を住吉町に移転
1962年(昭和37年)5月 港の見える丘公園が開園
1962年(昭和37年)5月 横浜文化体育館が開館
1962年(昭和37年)7月 中部下水処理場が完成
1963年(昭和38年)3月 山下ふ頭が完成
1964年(昭和39年)5月 根岸線、桜木町-磯子間開通
1964年(昭和39年)10月 大さん橋に国際旅客ターミナル完成

昭和40年から昭和63年まで

1970年頃

1970年頃

1965年(昭和40年)6月 市寿生活館が寿町に開館
1965年(昭和40年)7月 山下臨港鉄道、横浜港-山下ふ頭間開通
1966年(昭和41年)5月 神奈川県庁新庁舎が落成
1967年(昭和42年)3月 神奈川県立歴史博物館(旧横浜正金銀行)が南仲通に開館
1968年(昭和43年)5月 桜木町ゴールデンセンター(現:ぴおシティ)完成
1969年(昭和44年)9月 本牧市民公園が開園
1970年(昭和45年)1月 市民ホール(旧横浜宝塚劇場)が開館
1970年(昭和45年)3月 根岸線、磯子-洋光台間が開通
1970年(昭和45年)11月 元英総領事館邸がイギリス館として完成
1970年(昭和45年)12月 中華街西門完成、店燈式
1973年(昭和48年)4月 根岸線が全線開通
1973年(昭和48年)8月 吉田橋(日本最初の鉄橋)が高速道路工事のため撤去
1974年(昭和49年)7月 教育文化センターが万代町に開館
1975年(昭和50年)1月 神奈川県民ホールが山下町に開館
1975年(昭和50年)11月 産業貿易センターが山下町に開館
1976年(昭和51年)9月 横浜地方合同庁舎が山下町に完成
1976年(昭和51年)9月 市営地下鉄、横浜-上永谷間が開通
1977年(昭和52年)10月 横浜市根岸森林公園と根岸競馬記念公苑・馬の博物館が公開
1977年(昭和52年)10月 横浜中央地下街(マリナード)がオープン
1977年(昭和52年)10月 中区制50周年記念式典
1978年(昭和53年)3月 首都高速横羽線、横浜駅東口-横浜公園が開通
1978年(昭和53年)3月 横浜スタジアムが完成
1978年(昭和53年)4月 大佛次郎記念館が港の見える丘公園に開館
1978年(昭和53年)7月 本牧海づり施設が本牧ふ頭に完成
1978年(昭和53年)9月 大通り公園が開園
1981年(昭和56年)3月 市健康福祉総合センターが桜木町に完成
1981年(昭和56年)6月 横浜開港資料館が旧英国領事館に開館
1982年(昭和57年)3月 横浜海浜住宅地区等の接収が解除
1983年(昭和58年)11月 中区役所新庁舎が日本大通に完成
1983年(昭和58年)12月 野毛地区センターが開館
1984年(昭和59年)2月 首都高速横羽線、横浜公園-新山下間が開通
1986年(昭和61年)1月 横浜駅東口-山下公園間にシーバス運行開始
1986年(昭和61年)6月 横浜人形の家が山下公園前に開館
1986年(昭和61年)9月 市民文化会館関内ホールが市民ホール跡に開館
1988年(昭和63年)2月 老人福祉センター麦田清風荘が麦田町に開館

平成13年以降

2001年(平成13年)10月 首都高湾岸線全線開通
2002年(平成14年)4月 赤レンガ倉庫開業
2002年(平成14年)4月 横浜にぎわい座開業
2002年(平成14年)4月 日本大通りリニューアル
2002年(平成14年)7月 ベーリックホール開館
2002年(平成14年)12月 大さん橋国際客船ターミナル完成
2002年(平成14年)12月 簑沢地域ケアプラザ開館
2003年(平成15年)3月 横浜都市発展記念館・横浜ユーラシア文化館開館
2003年(平成15年)3月 馬車道にガス灯復活
2003年(平成15年)6月 ホームレスの自立支援施設「はまかぜ」開設
2003年(平成15年)10月 中区子育て広場(現・中区地域子育て支援拠点)「のんびりんこ」開設
2003年(平成15年)11月 初黄・日ノ出町環境浄化推進協議会設立
2004年(平成16年)1月 本牧和田地域ケアプラザ開館
2004年(平成16年)2月 みなとみらい線開通
2004年(平成16年)11月 中区福祉保健活動拠点開設
2005年(平成17年)4月 横浜市立みなと赤十字病院開院
2006年(平成18年)3月 「中なかいいネ!中区地域福祉保健計画」発表
2007年(平成19年)4月 なか区民活動センター開設
2007年(平成19年)6月 中区のマスコットキャラクター・スウィンギー誕生
2007年(平成19年)10月 中区区制80周年記念式典開催
2007年(平成19年)10月 シンボルマーク制定
2008年(平成20年)10月 なか国際交流ラウンジ開設
2009年(平成21年)5月 横浜マリンタワーがリニューアルオープン
2009年(平成21年)6月 横浜開港150周年
2009年(平成21年)6月 中区開港150周年記念事業「第2の開港~開港ルネサンス」開催
2009年(平成21年)6月 象の鼻パーク開園
2009年(平成21年)8月 アメリカ山公園開園
2010年(平成22年)5月 伊勢佐木町に「ゆず」が命名した「CROSSSTREET」オープン
2010年(平成22年)6月 横浜セントラルタウンフェスティバル「Y151」開催
2011年(平成23年)3月 東日本大震災発生。区内でも震度5強観測
2013年(平成25年)3月 みなとみらい線、東横線と副都心線が直通運転を開始
2013年(平成25年)3月 中区障害者支援拠点「みはらしポンテ」開館
2015年(平成27年)3月 中区役所別館開設
2015年(平成27年)4月 南本牧ふ頭に国内初、水深18mコンテナターミナル完成
2016年(平成28年)8月 氷川丸が国の重要文化財に指定
2017年(平成29年)3月 旧関東財務局横浜財務事務所を活用した「THEBAYS(ザ・ベイス)」開設
2017年(平成29年)6月 中区多文化共生推進アクションプラン策定・公表
2017年(平成29年)7月 横浜市開港記念会館が7月1日に開館100周年
2017年(平成29年)10月 中区区制90周年記念式典開催
2018年(平成30年)3月 横浜のまちを花と緑で彩る「ガーデンネックレス横浜2018」を開催
2018年(平成30年)4月 横浜港初、外国クルーズ客船が3つのふ頭に3隻同時着岸
2018年(平成30年)4月 船舶「氷川丸」が竣工88周年
2018年(平成30年)10月 市内で東京2020オリンピック各種競技(野球・ソフトボール、サッカー)の決勝戦が開催決定。大会本番に向けて横浜市・都市ボランティアも募集開始

引用元:横浜市役所 中区歴史年表より抜粋
https://www.city.yokohama.lg.jp/naka/shokai/gaiyo/nenpyo.html

地理@沼津高専
http://user.numazu-ct.ac.jp/~tsato/webmap/

wikipedia

中区の区勢

神奈川県庁や横浜市庁、横浜地方裁判所、神奈川県警察本部など、神奈川県内の行政機関が集中している中心的な区である。金融機関や企業の本店・支店も多い。近年は都心回帰や、みなとみらい線開通の影響によりマンションが増えたため、人口は増加傾向にある。横浜市で人口の4.0%(2009年10月)、面積の4.7%(同)を占める。中区の中核駅である桜木町駅、関内駅、石川町駅、元町・中華街駅周辺地区は、横浜市における都心(ツインコア)の一つである「横浜都心」に指定されている。

中区の地理

北部の平地には港側からビジネス街、繁華街、そして住宅街が主体になっている。中南部は内陸側が高台で「山手町」を中心としたいわゆる「山手」と呼ばれる地区は昔からの住宅地である。海岸側は全て埋め立てられて自然海岸は無く、北は新港・山下公園などの観光地で、南は埠頭・製油所などの重化学工業地帯で、横浜港の中心となっている。

川は北部を大岡川と分流である中村川が横断している。2002年にはオスのアゴヒゲアザラシのタマちゃんが現れ話題になったことがある。交通は区内の中央をJR根岸線が縦断し、国道や首都高速は北部を縦横断して中南部は海岸沿いを通っている。

もっと中区を知りたい

歴史学習や社会科見学の教材としてもご活用ください。持ち運びに便利なサイズで、街歩きにピッタリです。

マップとコースが掲載された地図面のダウンロード(PDF:8,572KB)
https://www.city.yokohama.lg.jp/naka/kusei/koho/etizu.files/0038_20190919.pdf

碑の紹介と写真が掲載された解説面のダウンロード(PDF:5,039KB)
https://www.city.yokohama.lg.jp/naka/kusei/koho/etizu.files/0039_20190919.pdf

ぽるきあらは横浜市中区、西区の魅力を定期的に発信しています。
ツイッター https://bit.ly/2P7Krrt
フェイスブック https://bit.ly/2oQZhaV

pagetop